Not logged in : Login

About: Victor-Amde II de Savoie     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : http://www.openlinksw.com/dataspace/(NULL)/wiki/Main/OpenStreetMap, within Data Space : www.openlinksw.com associated with source document(s)
QRcode icon
http://www.openlinksw.com/describe/?url=https%3A%2F%2Flaunchpad.net%2F~mwhudson

ヴィットーリオ・アメデーオ2世(Vittorio Amedeo II, 1666年5月14日、トリノ - 1732年10月30日、リーヴォリ)は、サヴォイア公(在位:1675年 - 1730年)、後にシチリア王(在位:1714年 - 1720年)、次いでサルデーニャ王(在位:1720年 - 1730年)。カルロ・エマヌエーレ2世とサヴォイア家分家サヴォワ=ヌムール家出身のマリーア・ジョヴァンナ・バッティスタ・ディ・サヴォイアの息子。 1675年に父の死により公位を継いだが、18歳で成人するまでは母マリーアが摂政を務めた。マリーアはフランスよりの政策を採り、1684年にヴィットーリオ・アメデーオ2世とフランス王ルイ14世の姪(オルレアン公フィリップ1世の娘)アンヌ・マリーと結婚させた。同年に親政を宣言、プロテスタント弾圧政策を進めるルイ14世に同調し、1686年にフランス国境に潜むワルドー派をスイスへ退去させた。しかし、1690年にワルドー派の帰国を認めた上、アウクスブルク同盟に加盟してルイ14世から離れていった。 大同盟戦争では反フランス側に立ってハプスブルク家と組み、又従弟のプリンツ・オイゲンと共にイタリアでフランス軍と対峙したが、1690年のシュタファルダの戦いでフランスの将軍ニコラ・カティナに敗北、1693年のマルサリーアの戦いでも敗れるとフランスと秘密交渉に入り、1696年にフランスと和睦、同盟から離脱した。フランスから軍事基地となっていたピネローロ、カザーレ・モンフェッラートを返還させ、合わせて娘のマリーア・アデライデをルイ14世の孫のブルゴーニュ公ルイに嫁がせた。もう1人の娘マリーア・ルイーザもブルゴーニュ公の弟で後のスペイン王フェリペ5世に嫁いでいる。 スペイン継承戦争では初めフランス側だったが、1703年に密かに同盟に連絡を取っていたことがフランスに発覚すると同盟に復帰、1706年にオイゲンと共に包囲されたトリノを解放した(トリノの戦い)。以後は終戦までオーストリアの将軍ヴィリッヒ・フォン・ダウンと共にサヴォイアのフランス軍と交戦、スペイン継承戦争終結後、ユトレヒト条約により1713年にシチリア王となったが、1720年には四カ国同盟戦争の際に結ばれた条約によりシチリア王位と交換でサルデーニャ王となった。 治世中はピエモンテを中心とする政治改革に邁進、貴族の領土を没収して中層階級に分け与え、中央から派遣する代官の権限を強化して絶対君主制を確立した。また、トリノの都市改造とトリノ大学の充実に力を尽くし、大学に1万冊の図書を寄贈、イエズス会を教育から排除して教会の力も弱めた。 1730年に退位し、息子のカルロ・エマヌエーレ3世に譲り2年後の1732年に死去。

AttributesValues
Description
  • King of Sardinia
comment
  • ヴィットーリオ・アメデーオ2世(Vittorio Amedeo II, 1666年5月14日、トリノ - 1732年10月30日、リーヴォリ)は、サヴォイア公(在位:1675年 - 1730年)、後にシチリア王(在位:1714年 - 1720年)、次いでサルデーニャ王(在位:1720年 - 1730年)。カルロ・エマヌエーレ2世とサヴォイア家分家サヴォワ=ヌムール家出身のマリーア・ジョヴァンナ・バッティスタ・ディ・サヴォイアの息子。 1675年に父の死により公位を継いだが、18歳で成人するまでは母マリーアが摂政を務めた。マリーアはフランスよりの政策を採り、1684年にヴィットーリオ・アメデーオ2世とフランス王ルイ14世の姪(オルレアン公フィリップ1世の娘)アンヌ・マリーと結婚させた。同年に親政を宣言、プロテスタント弾圧政策を進めるルイ14世に同調し、1686年にフランス国境に潜むワルドー派をスイスへ退去させた。しかし、1690年にワルドー派の帰国を認めた上、アウクスブルク同盟に加盟してルイ14世から離れていった。 大同盟戦争では反フランス側に立ってハプスブルク家と組み、又従弟のプリンツ・オイゲンと共にイタリアでフランス軍と対峙したが、1690年のシュタファルダの戦いでフランスの将軍ニコラ・カティナに敗北、1693年のマルサリーアの戦いでも敗れるとフランスと秘密交渉に入り、1696年にフランスと和睦、同盟から離脱した。フランスから軍事基地となっていたピネローロ、カザーレ・モンフェッラートを返還させ、合わせて娘のマリーア・アデライデをルイ14世の孫のブルゴーニュ公ルイに嫁がせた。もう1人の娘マリーア・ルイーザもブルゴーニュ公の弟で後のスペイン王フェリペ5世に嫁いでいる。 スペイン継承戦争では初めフランス側だったが、1703年に密かに同盟に連絡を取っていたことがフランスに発覚すると同盟に復帰、1706年にオイゲンと共に包囲されたトリノを解放した(トリノの戦い)。以後は終戦までオーストリアの将軍ヴィリッヒ・フォン・ダウンと共にサヴォイアのフランス軍と交戦、スペイン継承戦争終結後、ユトレヒト条約により1713年にシチリア王となったが、1720年には四カ国同盟戦争の際に結ばれた条約によりシチリア王位と交換でサルデーニャ王となった。 治世中はピエモンテを中心とする政治改革に邁進、貴族の領土を没収して中層階級に分け与え、中央から派遣する代官の権限を強化して絶対君主制を確立した。また、トリノの都市改造とトリノ大学の充実に力を尽くし、大学に1万冊の図書を寄贈、イエズス会を教育から排除して教会の力も弱めた。 1730年に退位し、息子のカルロ・エマヌエーレ3世に譲り2年後の1732年に死去。
  • Victor-Amédée II (en italien Vittorio Amedeo II), né à Turin le 14 mai 1666, mort à Moncalieri le 31 octobre 1732, fut prince de Piémont et duc de Savoie de 1675 à 1730, roi de Sicile de 1713 à 1720, puis roi de Sardaigne de 1720 à 1730. Il était fils de Charles-Emmanuel II, duc de Savoie et prince de Piémont, et de Marie Jeanne Baptiste de Savoie, duchesse de Genève et d'Aumale.
  • 비토리오 아메데오 2세는 사르데냐 왕국의 국왕이다. 카를로 에마누엘레 2세의 아들로, 1675년 아버지의 뒤를 이어 사보이 공작이 되었다. 1684년 루이 14세의 조카딸이자 오를레앙 공작 필리프 1세의 딸인 오를레앙의 안나 마리아와 결혼했다. 스페인 왕위 계승 전쟁으로 체결된 위트레흐트 조약으로 시칠리아 왕국의 국왕이 되었고, 1720년에는 시칠리아 왕위를 내놓는 대신 사르데냐 왕국을 받아 사르데냐 국왕이 되었다. 1730년 아들 카를로 에마누엘레 3세에게 왕위를 물려주고 2년 뒤 죽었다.
  • Wiktor Amadeusz II – władca z dynastii sabaudzkiej. Książę Sabaudii, król Sycylii, pierwszy król Sardynii.
  • Savoyai Viktor Amadé (franciául Victor Amédé de Savoie, olaszul Vittorio Amedeo di Savoia), a Savoyai-ház tagja, II.  Viktor Amadé néven 1675–től Savoya uralkodó hercege, Piemont fejedelme, Saluzzo és Montferrat márkija, Aosta, Moriana és Nizza grófja, II.  Viktor Amadé néven 1713–1720-ig Szicília királya, majd 1720-tól a Szárd–Piemonti Királyság első uralkodója. Neve piemonti nyelvjárásban Vitòrio Medeo.
  • 维托里奥·阿梅迪奥二世(Vittorio Amedeo II,1666年5月14日-1732年10月31日),萨伏依公爵(1675年~1720年,1730年~1732年),西西里國王(1713年~1720年在位)和薩丁尼亞國王(1720年~1730年在位)。 维托里奥·阿梅迪奥二世于1675年繼承萨伏依公爵封號。直到成年前,他的母亲玛丽·让娜·巴普蒂斯特是公国的摄政。 维托里奥·阿梅迪奥二世卤莽地参加了西班牙王位继承战争,在这场战争中,萨伏依被迫与她强大的邻国法国作战。萨伏依军队节节失利,1706年法军围困了都灵。只是由于欧根亲王率领的神圣罗马帝国军队的支援,萨伏依才免遭灭顶之灾。1713年,作为参加西班牙王位继承战争的回报,维托里奥·阿梅迪奥二世成为西西里国王。但是后来,一个四国同盟(包括萨伏依在西班牙王位继承战争时的盟友)强迫维托里奥·阿梅迪奥二世放弃西西里。作为交换,他获得了较不重要的萨丁岛。 1720年,维托里奥·阿梅迪奥二世成为萨丁尼亚-皮埃蒙特王国的第一代國王。这个王国日渐强大,為未來的義大利民族國家奠定了基礎。
  • Il suo lungo governo trasformò radicalmente la politica piemontese, basata sulla sottomissione alle potenze straniere quali Francia o Spagna, rivendicando orgogliosamente l'indipendenza del piccolo stato dalle vicine nazioni (si pensi, ad esempio, all'episodio dell'assedio di Torino del 1706). Vittorio Amedeo II seppe progredire in questa sua politica riuscendo infine a ottenere l'ambita corona reale.
  • Viktor Amadeus II var hertug av Huset Savoia i periodene 1675–1720 og 1730–1732. Hans mor Marie Jeanne Baptiste var regent mellom 1675 og 1684. Viktor Amadeus ble først konge av Sicilia, men han ble tvunget til å endre tittelen og istedet bli konge av Sardinia.
  • Victor Amadeus II van Savoye was de zoon van hertog Karel Emanuel II van Savoye en Maria Johanna van Savoye. In 1675 volgde hij zijn vader op als hertog van Savoye (tot 1720, en hij was nogmaals hertog van 1730 tot 1732). Zowel in de Negenjarige Oorlog als in de Spaanse Successieoorlog schaarde hij zich bij de anti-Franse coalitie. In 1713 werd hij koning van Sicilië, toen dit eiland na de Spaanse Successieoorlog met de Vrede van Utrecht aan Savoye werd toegewezen.
  • Viktor Amadeus II. byl vévoda savojský, král sicilský a král sardinský. Šlo o vynikajícího politika, který obratným lavírováním mezi velmocemi pozvedl Savojská dynastie ze stavu vévodského do stavu královského. Zúčastnil se válek proti Francii v 90. letech 17. století, aby v kritické chvíli zběhl a připojil se k ní. Francie uspěla a on získal nové državy v Itálii.
  • Víctor Amadeo II de Saboya . Duque de Saboya, Príncipe de Piamonte, Conde de Aosta, de Moriana y de Niza, Marqués de Saluzzo y del Monferrato. Rey de Sicilia. Rey de Cerdeña. Su gobierno transformó radicalmente la política saboyana de sumisión a España y Francia.
  • Vítor Amadeu II foi duque de Saboia, tendo-se tornado, durante breve período, rei da Sícilia (na sequência do Tratado de Utrecht, que pôs fim à Guerra de Sucessão Espanhola), e enfim rei da Sardenha. Em 12 de junho de 1675, morreu seu pai, Carlos Manuel II nascido em Turim em 20 de junho de 1634. Era apelidado "O Adriano do Piemonte", e foi além de duque de Saboia, duque de Aosta e rei titular de Chipre e de Jerusalém, Príncipe do Piemonte, conde de Moriana, Asti e Nice.
  • Viktor Amadeus II. , italienisch Vittorio Amadeo II. , Herzog von Savoyen, war von 1713 bis 1720 König von Sizilien und von 1720 bis 1730 Sardinien. Viktor Amadeus war der Sohn von Herzog Karl Emanuel II. von Savoyen und dessen zweiter Gemahlin Maria Baptista von Savoyen. Er folgte 1675 seinem Vater als Herzog von Savoyen (bis 1720 und nochmals von 1730–1732). Er stand, beim Tod seines Vaters noch minderjährig, zunächst unter Vormundschaft seiner Mutter.
  • Виктор Амадей II — герцог Савойский в 1675—1730 годах, король Сицилии в 1713—1720 годах, король Сардинского королевства в 1720—1730 годах. Сын Карла Эммануила II. Брак с Анной Марией Орлеанской, племянницей Людовика XIV вовлёк его в зависимость от Франции. В 1690 году примкнул к антифранцузской Аугсбургской лиге; в 1696 году, не добившись от Испании передачи ему, как союзнику, Ломбардии, заключил с Францией мирный договор в Турине (подтвержденный Рисвикским договором 1697).
  • Viktor Amadeus II (på italienska Vittorio Amedeo II), född 14 maj 1666 i Turin, död 31 oktober 1732 i Moncalieri, hertig av Savojen och hertig av Aosta 1675-1730, kung av Sicilien 1713-1720 (under namnet Viktor Amadeus I) och av Sardinien 1720-1730 (under namnet Viktor Amadeus I). Han var son till Karl Emanuel II, hertig av Savojen och Maria Johanna av Savojen-Nemours, hertiginna av Genève och hertiginna av Aumale.
  • Victor Amadeus II (Vittorio Amedeo Sebastiano; 14 May 1666 – 31 October 1732) was Duke of Savoy from 1675 to 1730. He also held the titles of marquis of Saluzzo, duke of Montferrat, prince of Piedmont, count of Aosta, Moriana and Nizza. Louis XIV organised his marriage in order to maintain French influence in the Duchy but Victor Amadeus soon broke away from the influence of France.
  • Víctor Amadeu II de Savoia fou el duc de Savoia entre 1675 i 1732, i posteriorment rei de Sicília i rei de Sardenya.
dbpprop:dateOfBirth
dbpprop:dateOfDeath
dbpprop:rows
dbpprop:reign
label
  • Wiktor Amadeusz II
  • ヴィットーリオ・アメデーオ2世
  • Vítor Amadeu II, Duque de Saboia
  • Vittorio Amedeo II di Savoia
  • Viktor Amadeus II. (Savoyen)
  • Viktor Amadeus II av Savojen
  • Victor Amadeus II van Sardinië
  • 비토리오 아메데오 2세
  • Виктор-Амадей II
  • Viktor Amadeus II av Sardinia
  • Víctor Amadeu II de Savoia
  • Victor-Amédée II de Savoie
  • Víctor Amadeo II de Saboya
  • II. Viktor Amadé szárd–piemonti király
  • Victor Amadeus II of Sardinia
  • 维托里奥·阿梅迪奥二世
  • Viktor Amadeus II.
sameAs
type
Faceted Search & Find service v1.17_git63 as of Apr 23 2021


Alternative Linked Data Documents: iSPARQL | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 08.03.3322 as of Jun 3 2021, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (30 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2021 OpenLink Software